MENU

キャッシング即日マニュアルの中から選べば間違いナシ

即日キャッシングで今日中に借りるために、選ぶべきキャッシング会社をご紹介します。

 

最短30分で審査結果が分かり、早ければ1時間後には手持ちの口座にお金を振り込んでくれるスピード感がある業者のみを厳選しました。

 

どこも即日キャッシングに強いところなので、この中から選べば間違いありません。

 

即日キャッシング対応力ランキング

業界最大手のアコム

アコムイメージ

アコムが選ばれる理由

三菱UFJフィナンシャルグループのアコムは、業界最大手の安心感と知名度、対応力で人気です。初めて利用する方は最大30日間の無利息・最短30分審査という使い勝手の良さが好評です。
ネット銀行にも対応しており、楽天銀行の口座には24時間振り込み対応、通常の金融機関でもゆうちょ銀行なら振り込み時間延長サービス、という点もユーザーに喜ばれています。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間・年利3.0〜18.0%
収入証明書 50万円以下の借入は不要
夕方以降に強いプロミス

プロミスイメージ

プロミスが人気の理由

プロミスは夕方以降の即日キャッシングに強く、その理由が使える無人契約機の台数が多いことです。プロミス以外にも三井住友銀行の契約機が使えるので、都市部だけでなく地方でも利用しやすいのがポイントです。

また、「瞬フリ(振込キャッシング)」は三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座に、土日祝でも22時までに契約完了で24時間振込可能というサービスで夜での対応力も優れています。

審査 最短30分
融資スピード 最短1時間
無利息期間 初めての方は最大30日間※・年利4.5〜17.8%
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要。
収入証明書 50万円以下の借入は不要

 

即日発行のクレジットカードでキャッシングを使うという手も

即日キャッシングは上記のランキングを利用する以外に、即日発行のクレジットカードを利用してキャッシング枠で借りるという方法もあります。

 

ただし注意点として、通常のクレジットカードでは発行までに審査の関係上1〜2週間ほど時間が掛かってしまいます。

 

そんなクレジットカードの中でも即日発行可能なのが、アコムが発行しているACマスターカードです。

 

即日発行できるACマスターカード

ACマスターカードイメージ

ACマスターカードが選ばれる理由

アコムが発行しているACマスターカードは「キャッシング機能付帯のクレジットカード」で、最短審査30分で即日発行できるのが大きなポイントです。国際ブランドのMasterCardなので、使えるシーンも非常に多くごく普通のクレジットカードとしても十分に利用可能です。
ただし、通常のアコムで借りるように無利息期間はないので、純粋に現金を借りたい!という人は通常のキャッシングを利用しましょう。

審査 最短30分
発行スピード 最短即日
年会費 無料

キャッシング即日融資で押えるポイント

キャッシング業者の選び方

キャッシング業者には、「銀行系」と「消費者金融系」の2種類に分けられます。

銀行系:低金利・審査のハードル高め
消費者金融系:高金利・審査のハードル低め

このような相反する特徴がありますが、即日キャッシングには審査の早い「消費者金融系」を選びましょう。

 

金利は銀行系に比べれば高めに設定されてはいますが、アコム・プロミスのような【無利息サービス】を利用すれば、見た目の金利の数字よりも利息負担はグッと抑えられます。

 

数百万円規模の借り入れならば、少しでも金利の低い銀行系がおすすめですが、〜30万円程度をキャッシングで即日借りるぐらいであれば、そこまで利息負担は大きくはなりませんよ。

 

キャッシングの方法におけるタイムリミット

審査通過後、どのようにして現金を受け取るのかは2種類の方法があります。

銀行振込:手間がない・金融機関の振込み時間の制約を受ける
無人契約機:無人機まで出かける必要がある・振込み時間を気にする必要がない

一般的な銀行口座に振り込んでもらうのであれば、昼ぐらいまでにネット申し込みをしておく必要があります。(振込みの場合は審査通過のタイムリミットが14時です)

 

ただし、楽天銀行やジャパンネット銀行の口座を持っているなら、審査にさえ通過してしまえば夜でも振込みをしてくれる業者もあります。

楽天銀行:アコムなら24時間対応
ジャパンネット銀行:プロミスなら24時間対応

 

振込みではなく、各キャッシング会社の無人契約機に行くのであれば、振込み時間を気にする必要はありません。

 

概ねどのキャッシング会社でも21時〜22時ぐらいまでは営業をしています。

 

従って無人契約機を利用するのであれば、審査時間に余裕を持って営業終了時刻の1時間前までにはネット申し込みをしておきましょう。

 

借り入れ金額は控えめに

即日キャッシングの大敵は「審査に掛かる時間」です。

 

消費者金融系であれば総量規制の対象となるので、計算上は年収の3分の1を上限とした金額を借りることができます。

 

しかしそれはあくまで計算上の限度額でしかありません。

 

原則として、借り入れ金額が大きくなればなるほど審査に慎重にならざるを得ないのが貸す側の心理です。

 

「10万円を借りたい人」と「50万円を借りたい人」とでは、自ずと審査に対するハードルが変わってしまいます。

 

従って、キャッシングで即日融資を受けたいのであれば、申込金額は必要最低限だけ借りるようにしておくことがポイントです。

即日融資で行われる審査の流れ

オペレーターの写真

即日キャッシングを申込をしたら、次に行われるのが審査です。

 

申込者に本当に返済できる人なのかを審査するのが最大の目的です。申し込み金額が小額だとしても審査に通らないと融資を受けることはできないので、最も重要な障壁といえます。

 

ここでは審査の流れを解説するので、是非参考にして下さい。

 

今のキャッシング審査ではスコアリングシステムという基準を利用して申込者の返済能力をシステマチックに判別します。

 

このシステムは申込者の属性をスコアリングすることで基準値を作り、それを今までの貸付実績が蓄積されたデータベースを照合し、本当にお金を貸しても大丈夫な人かを短時間で評価を下せるシステムです。

 

このスコアリングを導入したことで申込をして30分で審査結果が出る時間短縮効果だけではなく審査に掛かる人的コストの削減にも貢献し、結果的にキャッシングの利便性も向上しました。

 

そうしたスコアリングを通過すると、次は他社からのキャッシング状況をチェックされます。

 

キャッシング会社が加盟している信用情報機関のデータをチェックし、何社から借りているか?いくら借りているか?という事や今まで債務整理をしていないか、返済の遅延が無かったか等の返済トラブルを調べます。

 

また、これには総量規制の対象となっているかを調べる目的も同時にあります。

 

総量規制というのは借入額の上限(年収の1/3まで)を定めた法律で多重債務者の増加を抑制する事がこの法律の目指すところです。

 

しかし総量規制の対象となる融資は貸金業法の管轄となる消費者金融や信販会社からの借入です。

 

一般的なローン(車や住宅)は貸金業法と関係ないので無視されます。あくまで、貸金業法内の一環なので銀行から借りているお金については無関係です。

 

このようなハードルをクリアしていくと、最後の確認で在籍確認が行われます。

 

在籍確認いついて完結に解説すると、本当に申請した会社に籍を置いているかをキャッシング会社が実際に電話をしてチェックするものです。必ず鈴木や伊藤というような個人名で電話をするので、借入を申し込んだことがばれてしまう危険性はありません。

 

このときに仕事で外出していなかった場合でも、その会社に在籍している事実が確認できれば問題ありません。概ねどの金融会社でも、こうした審査を通過すれば指定した口座にお金を振り込んでもらえます。

 

各キャッシング会社によって多少の違いはあるかもしれませんが、総じて審査は以上のような流れで進みます。頭の片隅に入れておけば金欠になっても慌てる必要はありませんね。